トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、だいたい1万キロというのが相場です。そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、5万を境にどんどん査定は減点されていき、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といってタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

Read More


乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においては価

乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においては価

乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においては価格に対する影響が少ないものです。
例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、可能なかぎりノーマルタイヤにしてから査定に出すことを推奨します。

Read More